Celery一覧

Illumina (ILMN) とGrailの成長に期待!

以前,illumina (ILMN) について紹介しました.この記事では,そのスピンオフ企業であるGRAILに注目したいと思います.GRAILのミッションは,血液を利用して早期ガンを発見する技術(Liquid Biopsy: リキッドバイオプシー)を確立することです.リキッドバイオプシーといわれる血液検査でのがん診断は,今後,大きな市場になると見込まれており,新規参入が相次いでいます.その中でトップを走るのがGRAILだと思います.

2018年のETFベスト10

ETF購入のヒントになればと思い,InvestorPlaceで発表された"10 Best ETFs for 2018"を共有します.この記事では,2018年1年間でのリータンが最大となるETFのランキングを公開しています.

2018年3月のポートフォリオ

2月に引き続きバイオベンチャーの割合が59%のままです.ペプチドリームとブライトパスについては,株価が伸び続けることが期待できるため,今後もポートフォリオに占める割合は減らない可能性が高いです. 資産額が高くないため,今の時点ではバランスを意識する必要はないかもしれません.それでも今後は,ETFと米国個別銘柄を増やしていきたいと考えています.

ヘルスケア産業におけるAmazonの可能性

Amazonはオンライン書店からはじまり,現在では多様性に満ちた企業になりました.2018年1月には,金融大手のJP Morgan Chase (JMP),ウォーレン・バフェットのBerkchire Hathaway (BRK.A)とのアライアンスを通して,ヘルスケア産業への参入を発表しました.この発表によると,米国で働く従業員を対象にヘルスケアサービスを手がける新会社を設立するということです.新会社の目的は,米国で問題となっている医療費の膨張を抑えることですが,ヘルスケア産業におけるAmazonのゴールは,それだけではなさそうです.