WordPressで初期に入れたプラグイン

ブログ開設時に導入したWordPressのプラグイン7つを紹介します!

プラグインを追加するたびにブログが進化している気がしてワクワクしますね!

各プラグインを実際に導入したいと思った際は,より詳細な説明をしてくれている親切なサイトがあるので,そちらをご参照ください.

ブログサイト「ひつじアフィリエイト」がおすすめです.このサイトはアフィリエイトを中心に記事を書かれているので,プラグイン以外でも参考になる部分が多いと思います.

Count Per Day

ブログのアクセス分析を可能にするプラグインです.

プラグインを有効化する前のアクセス情報は見ることができませんので,ブログ開設時に導入することをおすすめします!

アクセス分析を可能とするプラグインは多数公開されており,その機能はピンキリです.私は最低限の情報を確認できればよかったので,シンプルで使い勝手の良さそうなCount Per Dayを導入しました.広告が表示されず,設定も簡単でサイトに合わせたカスタマイズも可能です.

ダッシュボードで個人的に使用することがメインだと思いますが,ブログ上にアクセス数を表示させることも可能です.

Contact Form 7

お問い合わせページを簡単に作成できるプラグインです.

デフォルトでは以下の項目が準備されており,設定も簡単です.

  • フォーム: お問い合わせページの入力項目を設定
  • メール: 訪問者からのメッセージの受信に関する設定
  • メッセージ: 訪問者がメッセージを送信した後に表示するメッセージを設定
  • その他: コードを追加して自由にカスタマイズできる設定

なんと設定できる項目は全15項目もあります!

  1. テキスト
  2. メールアドレス
  3. URL
  4. 電話番号
  5. 数値
  6. 日付
  7. テキストエリア
  8. ドロップダウンメニュー
  9. チェックボックス
  10. ラジオボタン
  11. 承諾確認
  12. クイズ
  13. reCAPTHA
  14. ファイル
  15. 送信ボタン

Regenerate Thumbnails

アイキャッチ画像を半自動でリサイズしてくれるプラグインです.

アイキャッチ画像は,アップロード後に画像サイズの設定を変更してもリサイズしてくれないため,通常は再度アップロードを行う必要があります.そこで,Regenerate Thumbnailsを使用することでアップロード済みの画像を半自動でリサイズしてくれます!

注)画像をリサイズをすると,元画像が無くなります.必要に応じてバックアップを取ってから行ってください.

ダッシュボードの「ツール」から全ての画像を一括でリサイズすることが可能です.

また,「メディア」から個別に画像をリサイズすることも可能です.

Pixabay Images

写真素材やクリップアート素材を簡単に検索して記事に挿入できるプラグインです.

商用,非商用を問わず無料で利用できます!

実は,無料で利用できる写真素材やクリップアート素材を検索できるサイト”Pixabay”のWordPressプラグイン版なんです.

主な特徴は以下の4つです.

  1. 投稿編集画面に追加される専用ボタンから記事内へ画像を挿入できる
  2. 著作権フリーの写真素材やクリップアート素材を無料で利用できる
  3. 画像を日本語で検索できる
  4. 画像サイズは3種類から選択できる(150×99,640×425,1280×850)

All in One SEO Pack

SEO(検索エンジン上位表示)に関するプラグインです.

まだまだメリットを時間できていませんが,コツコツと設定していきたいと思います.

Table of Contents Plus(通称 TOC+)

TOC+は,記事の目次を自動で追加してくれる便利なプラグインです.

目次のない本ってあまりないですよね.ブログでも目次を入れている方が多いような気がします.このページのTable of contents (TOC)も当プラグインを利用しています.

目次があると記事の内容が一目瞭然になり嬉しいですよね.特に階層構造になっている記事は,TOCを入れた方が読み手,書き手ともにメリットがあります.

TOCを確認して,必要と思った部分,気になった部分のみを読む人も多いと思います.

TOCを入れるメリットはそれなりにあります.簡単な初期設定だけで誰でも利用できますので是非インストールをご検討ください!

TablePress

TablePressは,テーブルを簡単に作成して記事に挿入できる便利なプラグインです.表を活用すると情報が整理されてわかりやすい記事になりますよね!

表を作成すると記事に挿入するためにショートコードが作成されます.そのショートコードを使用すれば別の記事にも貼り付けられるので助かります.

以下のような各種オプションを設定することも可能です.

  • テーブルのページ分割:訪問者が,一度に表示する行数を設定可能
  • 検索,フィルター:検索キーワードを含む行だけを表示
  • 並び替え:訪問者が昇順・降順に並び替え可能

最後に

現在,14個のプラグインを導入しています.いずれも,いくつかのサイトを確認したうえで自分なりに考えてインストールしています.

あるサイトによると20個程度にとどめた方が良いそうです.それはサイトが重くなってパフォーマンスが下がるかららしいんですよね.

メンテナンスの観点からも管理可能な数に抑えるべきだと思います.セキュリティーを確保するために,プラグインの更新はタイムリーに行うべきなんですよね.当然,管理する数が増えると怠ってしまう可能性がたかまります.

今後は,そのへんのバランスも考えてプラグインを設定していきたいと考えています.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加