日本製靴下にこだわるタビオ

タビオって?

靴下ブランドの「靴下屋」とか「Tabio」を運営している会社です.

1) 工場での生産,2) 店舗における販売,3) 在庫管理

を自社で一貫して行なっているためロスが少ないらしいです.

靴下作り対するこだわりが強く,日本製にこだわっています!

カンブリア宮殿での特集

2011年にはカンブリア宮殿で取り上げられました.

当時は大学生だったと思いますが,いい意味で衝撃を受けた記憶があります.

テレビ東京のホームページを調べてみると,

“たかが靴下、されど靴下”
靴下人生50年の男が叫ぶ!
激安 海外製に負けない、次世代の国産モノ作り

というサブタイトルでした.

株価を見てみるとこの頃から2015年1月までは右肩上がりでしたが,その後下落しています.2017年は市場全体が上昇したので,その波に乗っています.2月末に大幅に下落していますが,株主優待の権利確定による売りです.

私が買った時は1,027円だったので,今日現在で5.75%のプラスです.


(Google Financeより)

株主優待

この株は企業を応援したいがために購入しましたが,普段からタビオの靴下を履いているCeleryからすると,この株主優待が非常に嬉しいものです.

  • 100株以上: 割引券1,500円分(優待利回り1.38%)
  • 1,000株以上: 割引券6,000円分(優待利回り0.55%)

いつもビジネス用の靴下を買っていますが,試しに買ったランニング用靴下がとにかく素晴らしかったです!

配当

  • 1株配当: 30円
  • 配当利回り: 2.76%
  • 配当+優待利回り:  3.31 – 4.14%

配当は2013年から30円をキープしています.近年は,売上・利益ともに下落しているので少し心配ですが,海外事業が成功すれば十分に成長し続けられるはずです.

海外展開

  • ロンドン 2店舗
  • パリ 2店舗

現在はロンドンとパリの2拠点で計4店舗です.アメリカへの出店も予定されていましたが延期されています.

今後も世界的な経済成長は進みます.Made in Japanの信頼と品質の良さを兼ね備えたTabioの靴下は必ず受け入れられるはずです.


<2018年3月21日 追記>

Tabio株を全て売却しました.

1.023円で買い付けを行い,1,068円で売却したので,一株あたり45円のプラスです.それでも配当と株主優待を何度か頂いたので満足です.

この株自体に不満があったわけではなく,米国株のウェイトを増やすためです.QQQ,VTIあたりを買い付けたいと考えています.

Tabioの靴下は履き続けたいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加