Illumina (ILMN) はNGSでシェア世界一

Illmina (ILMN) って?

NGS (Next Generation Sequencer: 次世代シーケンサー)と呼ばれる装置の開発と販売を主に行なっており,NGSのシェアで世界トップです.

NGSとは,遺伝子の塩基配列を高速に読める装置のことです.ヒトゲノムの解読に世界で初めて成功したのは2003年ですが,当時は塩基配列の解読に13年(配列情報の産出に10年,解析に3年)という時間と30億米ドル(3000億円程度)もの費用をかけていました.一方,Illuminaが提供する最新のNGSを使用すると,1日程度で解析可能で,費用は10万円もしません.将来的には,1万円までコストダウンすることを目指しています.

“To improve human health by unlocking the power of the genome” というミッションを掲げています.日本語だと「ゲノムの理解を深めることで人の健康を向上する」といった感じでしょうか.近年,遺伝子と疾患等の関係について理解が深まったことで,ガンを中心とした治療技術の進歩が目覚ましいです.今後もこのトレンドは大きく変わらないと考えられます.治療の個別化が進むにつれ,遺伝子測定がより広まり,Illuminaのサービスもより成長するという流れが続くことでしょう.

上場はしていませんが,Illuminaからスピンアウトした企業にも注目です.特にリキッドパイオプシーの研究開発をGrailからは目が離せません!リキッドバイオぷシーについては賛否両論ありますが,実用化してくれることを期待したいです.

Precision MedicineとNGS

Precision Medicineとは,個人レベルで最適な治療方法を分析・選択し,実際に治療することです.特に,最先端の技術により細胞を遺伝子レベルで分析し,適切な治療を行うという考えです.2015年1月に行われたオバマアメリカ合衆国大統領の一般教書演説において,“Precision Medicine Initiative”が発表され,世界的にも注目されている考え方です.

NGSで遺伝子を解析し,治療を最適化する流れが世界的に始まっています.まだまだ浸透できているとは言えませんが,今後,確実に浸透していきます.誰しもが当たり前に,NGSで遺伝子を測定する時代が来るでしょう.

※NGSに置き換わる技術が出て来るかもしれませんが,だれしもが当たり前に健康診断やガン治療時において遺伝子を測定する時代が来ると思います.

Illumina (ILMN) のチャート

過去5年間のチャートです.

5年前の株価が54ドル,現在の株価が250ドル付近ですので,5年間で5倍弱の成長です.

2015年7月から一度下落していますが,2017年に入ってから比較的順調に推移してきています.

(Yahoo! Financeより)

Illumina (ILMN) の収益構造

製品/サービス別の売上を見てみると,デバイスが19%なのに対し,消費材が64%と大半を占めています.NGSは,メンテナンスや試薬の使用料も発生するため,長期的に安定した売上を獲得できます.

次に地域別の売上を見てみると,アメリカとヨーロッパだけで81%を占めています.今後はアジアにおける売上が伸びることが予想され,Illumina全体の売上もまだまだ伸びると予想されます.

(Illumina Investor Presentation [February 13, 2018] より)

Illumina (ILMN) の売上とEPS

売上とEPSは順調に推移してきています.

1. Non-GAAP EPS attributable to Illumina stockholders

(Illumina Investor Presentation [February 13, 2018] より)

NGSの次は?

NGSの次を見据えた技術の開発も進行中です.

NGSは,DNAを増幅し,蛍光標識を光学的に検出することで塩基配列を読みだします.

一方,DNAを増幅せず,塩基配列を1分子ずつ電気的に読みだす技術も登場しています!原理的には,NGSよりも高速かつ低コストに塩基配列を読みだすことが可能といわれています.さらに,1分子NGSはDNAを増幅させないため,メチル化などの塩基のエピジェネティック修飾も直接解析できます.

  • Oxford Nanopore Technologies:膜たんぱく質に形成したナノサイズの穴(ナノポア)にDNAを通し,その際のイオン電流の変化で塩基配列を読みだすナノポア方式の技術を開発
  • Quantum Biosystems(大阪大発ベンチャー):シリコン基板上に形成した金属電極間のギャップにDNAを通し,電極間を流れるトンネル電流の変化で塩基配列を読みだす方式のシーケンサーを開発中

こうした新技術はIlluminaの脅威になる可能性は十分にありますが,遺伝子を読み取るデバイスを開発するだけでは,ビジネスでは勝てないと思います.バイオマーカーなどの測定に使用することで市場に浸透する速度は加速するはずです.業界トップを走るIlluminaは,他の企業を巻き込みやすく,今後も長期的に成長できると考えています.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加