2018年ダボス会議で紹介された世界に誇る日本企業5選!

はじめに

少し前になりますが,2018年1月に開催されたダボス会議では,日本政府主催の企画で日本の5つの企業が動画で紹介されました.各企業の紹介動画は,Youtubeの首相官邸のチャンネルから視聴可能です.この記事では,世界に誇れるそれらの企業について簡単に紹介したいと思います!

そもそもダボス会議って?

  • 世界経済フォーラムが毎年1月にスイス東部ダボスで開催する年次総会
  • 世界経済や環境問題など幅広いテーマで意見交換がなされる
  • 政財界のトップが主張や存在感をアピールする場としても活用するようになった
  • 近年,ダボスでの議論は世界に強い影響力を持つ
  • 2018年の会期は,1月22日から26日までで,トランプ大統領も参加

紹介されたのは,大企業から成長中のスタートアップまで

トヨタはみなさんご存知ですよね,残り4つの企業は如何でしょうか???

ちなみに,PeptiDreamはCeleryのポートフォリオに含まれています.

  1. TOYOTA
  2. CYBERDYNE, Inc.
  3. Liquid, Inc.
  4. PEPTIDREAM, Inc.
  5. Preferred Networks

トヨタはみなさんご存知ですので,今回は割愛します.

残り4つの企業について見ていきましょう!

CYBERDYNE, Inc.

Cyberdyneは,筑波大学発ベンチャーです.

ロボットスーツを使って歩行困難な子どもを支援する事業を始めたことがニュースで取り上げられていたのが,Celeryには印象的でした,ヘルスケアをはじめ社会貢献度の高い企業には優先的に投資していきたいと考えています.

脊髄損傷で神経が失われたとしても,Cyberdyneのロボットスーツを使用して歩く動作を繰り返すことで,失われた神経から筋肉への意思伝達機能が回復・強化され,歩行能力の向上が見込めるそうです,人間の回復力ってすごいですね!

Liquid, Inc.

指紋認証に静脈認証の機能を追加する技術を有しています.

これは,非常に高いセキュリティを備えた生体認証システムであり.

専用端末に指をかざしてから,わずか数秒で本人特定をすることを可能ということです.

私にはスゴさが良くわかりませんが,革新的な技術なんでしょう!

PeptiDream

簡単ではありますが,こちらに概要を記載しました,

とにかくCeleryオススメの銘柄です!

以下,ここ5日間の株価推移です.

この地合いの中,順調に推移していますね!

今後も伸び続けると期待しています.

PERが高いため不安に思う方も多いと思いますが,将来性を考えればまだまだ余裕がありそうです.

(Google Financeより)

Preferred Networks

IoTにフォーカスした深層学習技術の研究開発を行う会社です(むずかしそうですね汗).

AI技術の核となる深層学習(ディープラーニング)によって、以下の3分野に注力しています.

  • 自動運転をはじめとする交通分野
  • 産業ロボットをはじめとする製造業分野
  • がんの診断などのライフサイエンス分野

なんと,トヨタ自動車を引受先とした第三者割当増資を実施して,約105億円を調達した実績があります.

上場したら買いたい企業のひとつです!

将来性抜群だと思っています!

最後に

日本にも素晴らしい企業がたくさんあります.

ベンチャーが成長できる風土・土壌が養われるといいですね.

今回紹介した4社のうち,上場しているのはCYBERDYNEとPeptiDreamの2社です.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加