2018年のETFベスト10

pencilparker / Pixabay

ETF購入のヒントになればと思い,InvestorPlaceで発表された”10 Best ETFs for 2018″を共有します.この記事では,2018年1年間でのリータンが最大となるETFのランキングを公開しています.ランキングは,以下の3つのグループの意見が反映されています.

  • 市場関係者(プロの投資家)
  • 経済ジャーナリスト
  • InvestorPlaceの読者

SBI証券から購入可能なETFは5つ

でしたので,それらに絞って表にまとめてみました.

Rank TickerBuy
Price
Current
Price
Current
Return
#1Market Vectors Semiconductor ETFSMH$97.81104.287%
#5PowerShares QQQ TrustQQQ$155.76$160.133%
#8Vanguard FTSE All-World ex-US Small-Cap ETFVSS$119.23$119.240%
#9Energy Select Sector SPDRXLE$72.26$67.41-7%
#10Market Vectors Rare Earth ETFREMX$30.09$27.82-8%

1位: SMH

このETFは,MVIS米国上場半導体25インデックスに連動する投資成果を目指しています.半導体セクターを中心です.米国で上場する時価総額及び流動性の高い企業が選ばれており,各銘柄の保有率は20%以下です.

2〜4位: N/A

SBI証券では買付できませんでした...

5位: QQQ

私も保有しているQQQです!QQQは,NASDAQ100に連動するETFです.FANGが占める割合が26%と高いです.2017年に最も成長したETFの一つだと思います.

6, 7位: N/A

SBI証券では買付できませんでした...

8, 9, 10位: VSS, XLE, REMX

VSSは,先進国および新興国の小型株企業の投資リターン指標となるベンチマーク指数に連動する投資成果を目指すETFです.ベンチマーク指数は,FTSEグローバ・スモールキャップインデックスです(米国は除かれています).

XLEは,エネルギー・セレクト・セクター指数の値動きと利回りに,経費控除前で連動する投資成果を上げることを目標とするETFです.指数に含まれる企業は,S&P500指数を構成する企業群のうち,エネルギー設備・サービス,石油・ガス・消耗燃料に分類される企業を含んでいます.

REMXは,MVISレアアース/ス トラテジック・メタルズ・インデックスに連動する投資成果を目指すETFであり,構成銘柄は米国,中国,オーストラリアの鉱山会社などです.

これまでのチャートは?

過去5年のチャートです.ランキングと同じ順番になっていることが確認できます.SMHとQQQには,今後も右肩上がりを期待したいと思います!

(Yahoo! Finance より)

次に過去1年のチャートです.ランキングとは異なった順位になっていることが確認できました.なんと,REMXが一番伸びています.切り方によって伸び率が変わるのは注意しないといけませんね.

(Yahoo! Finance より)

最後に

日本からでも沢山のETFが買付可能です.QQQへの追加投資とSMHへの新規投資を継続検討したいと思います.今後も伸び続けるセクターであることは間違い無いでしょう!

米国上場ETFの買付は,SBI証券をおすすめします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加